ニキビ跡を消す:赤いニキビ跡の場合

ニキビは落ち着いてきたけれど、お肌の中にこもった感じのするニキビ跡が残っていて、かれこれ6ヶ月になるのに全然改善しないので悩んでいませんか?ここでは、赤いこもった感じのニキビ跡を解消する方法をご紹介したいと思います。ニキビ跡消す化粧水の効果についても併せて考えてみます。

当面の目標とするのは、
(1)徐々に赤くこもったようなニキビが薄くなっていく
(2)コンシーラーでニキビ跡を隠さなくてもよくなる
(3)赤みが自分でもきならなくなることです。

では、現状のスキンケアをチェックしてみましょう。 次のようなことをしていないでしょうか?

1.パウダリーファンデーションを使っている。
2.保湿するために乳液を使っている。
3.化粧水はしっとりタイプを使っていて、化粧水をつけるときにパッティングをしている。
4.洗顔時のすすぎの回数が15回以上している。
5.拭き取りメイク落としを使っている。
6.ニキビ用化粧品を長期間使用している。
7.洗顔時のお湯の温度が高くて32度以上で顔を洗っている。
8.洗顔時にお肌に直接触れて洗っている。

上記の事柄に該当する人は、間違ったお手入れをしています。 書き出した項目は、ニキビの赤みがなかなか薄くならなかったり赤みがこもってしまったり使用してはいけないツールの典型例です。

こもってしまった赤いニキビ跡で悩んでいる人の大半はピーリング経験があったりニキビ専用化粧品経験がある場合が多いですね。 そういった刺激が強すぎるので炎症の痕である赤みが定着してしまっていると思われます。 ニキビ跡の赤みをなんとかケアしたいならば、どうすればよいのでしょう。

まずしなければならないことは、アイテムの見直しです。 ずっと継続的に刺激を与え続けてしまってると、赤みはいつになってもなくなりませんし、赤みが消えるまではそれなりの時間がかかることを覚悟しなければなりません。

それほどダメージが大きかったと考えられますし、ニキビ跡の赤みが薄くなる目安は最低でも6ヶ月は必要になります。 短期間で赤みが消えるならば一番良いでしょうが、簡単に赤みを消してくれるような薬や化粧品などありません。

ニキビ跡の赤みは、お肌の内側の乾燥であるインナードライがある人は簡単には良くならないですね。 それでは、インナードライのなくす方法をご紹介しておきましょう。 これを実践しておけばニキビもできにくくなりますから覚えておきましょう。

一番目は、ニキビで痛んだ皮膚が元々のお肌に戻るための生薬配合クリームを使って痛んだ皮膚の修復を助けることです。 ベタつかないタイプのものを選ぶようにしましょう。

二番目は、しっとりすぐに潤うタイプの化粧水を使用するのをやめましょう。 消炎作用成分を含んで保水力があってお肌にどんどんと浸透できる特徴を持った化粧水を使用することによってインナードライが解消されます。

三番目は、インナードライにならないように大事な皮脂を残すと同時に不要な汚れを綺麗に落とせる弱アルカリ性の洗顔フォームを使って洗うことによって吹き出物やニキビができにくくなります。 以上、赤いこもった感じのニキビ跡を解消する方法をご紹介しました。 現状のスキンケア方法の見直しとインナードライ対策をまずは始めましょう。

胸元に出来るニキビについて

体にできるニキビに悩む女性は多いのではないでしょうか。 普段衣服に隠れている箇所であっても、夏場であったりオシャレを楽しみたいシーンなどで、 ニキビが気になってしまうケースは少なくないはずです。

ニキビが邪魔して、ファッションが制限されてしまうことはとても悲しいですね。 中でも、胸元にできてしまったニキビでお悩みの方も多いでしょう。 胸元にニキビができている場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

まずはお肌へ刺激を与えていないかを思い返してみてください。 ロングヘアの女性は、胸元に髪の毛が当たってはいませんか?

また、毎日のシャワータイムですすぎ忘れはないでしょうか? これらの外側からの刺激や影響が、胸元のニキビの原因として多くを占めているようです。

髪の毛は束ねて、お肌への刺激を押さえること。 また、毎日の入浴ではすすぎ忘れの内容に気をつけることを意識してください。

また、体の内側からの原因を考えてみましょう。 じつは、食生活が原因となるニキビも胸元に発生しやすいと言われています。

炭水化物や脂質、糖類の取りすぎはニキビを引き起こす原因になってしまいます。 思い当たる節のある方は、毎日の献立を健康的な内容にシフトしてみてください。

胸元のニキビ発生には、このように外側から・内側からの二つの要因が考えられるのです。 ニキビ発生の根本的な原因を改善させ、胸元のニキビを解決させましょう。

また、発生してしまったニキビを悪化させない努力も必要です。 胸元は、衣服の下に隠れていうる事が多いのではないかと思いますが、 この環境そのものがお肌を蒸れさせ、ニキビの悪化に拍車をかけている事があるようです。

だからと言って、毎日胸元の開いた服を着続けるのは得策ではありませんね。 通気性のいい素材、またお肌への刺激を最低限に抑えた素材の衣服や下着をチョイスすることで、 今あるニキビの悪化を食い止めてください。

美しく女性らしい胸元で、自信を持ってファッションを楽しみましょう!

男性のニキビケア

「スキンケア」「美肌」と言ってしまうと、どうしても女性の問題であるとイメージしてしまいがちです。

ところが、ニキビに悩む方は全員が女性であるとは限りませんね。 男性であっても、ニキビに悩む方は大勢いらっしゃいます。

男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにさせてしまう働きがあると言われていますので、 むしろ女性よりも男性の方がニキビのリスクは高いのではないでしょうか?

また、多くの場合男性は女性に比べ美容やスキンケアの知識に疎いのではないかと思います。

自己流の間違ったケアで、ニキビを悪化させてしまうケースも珍しいことではありません。 ここでは、男性が陥りがちな間違ったニキビケアについて紹介いたします。

まず第一に、洗顔に方法を思い出してみてください。

「皮脂や汚れをきれいに除去したい」「気になるニキビは早く無くなって欲しい」 こう考えるあまり、ゴシゴシ洗いになってはいないでしょうか?

ニキビは刺激を受けることで、悪化してしまいます。 しっかりと泡立てた洗顔料で、包み込むように洗顔してください。

また、「オイリー肌だから保湿は無用!」と考えてはいないでしょうか? じつは乾燥もニキビの大きな原因だと言われています。 悩みのない素肌を目指すのであれば、保湿は不可欠なのです。

昨今は男性用の化粧水も多く登場しています。毎日の洗顔後は、保湿を欠かさないでください。

また、ニキビ同様にオイリー肌にお悩みの方はあぶら取り紙を使っている事もあるでしょうが、 これもニキビケアにはいいことだとは言えません。あぶら取り紙では、確かに一時的にテカリを抑える事が出来るでしょう。

ところが、皮脂を失った素肌はそれを補うためにさらにたくさんの皮脂を分泌させてしまうのです。 過剰に分泌された皮脂は洗顔で除去し、保湿で潤いを補うことで皮脂の過剰分泌を抑えましょう。

同性同士でスキンケアの情報交換を行う女性に比べ、男性同士でスキンケアの話をする機会は少ないかもしれません。

だからこそ、間違った自己流のケアは早めに気付き正すことが重要なポイントとなるはずです。 適切な対処で、悩みのないすべすべ肌を目指してください。